日本の“美ロッカー”を世界称賛も… 磐田ポーランド人GKが力説「日本人には当たり前」

磐田GKカミンスキー【写真:Getty Images】
磐田GKカミンスキー【写真:Getty Images】

磐田GKカミンスキー、称賛を浴びる日本人の美意識について母国メディアで言及

 UAEで行われたアジアカップで森保一監督率いる日本代表は惜しくも準優勝に終わったが、試合後に綺麗に清掃・整頓された日本代表チームのロッカールームの写真を大会公式ツイッターが公開し、世界的な反響を呼んだ。J1ジュビロ磐田に所属するポーランド人GKカミンスキーは「日本人にとっては当たり前」と力説している。母国ポーランド紙「Rzeczpospolita」のインタビューで語った。

 現在28歳のカミンスキーは2015年1月、母国ルフ・ホジューフから当時J2の磐田に移籍。同シーズン、41試合に出場して3年ぶりのJ1昇格に大きく貢献すると、以降も守護神として君臨し続けている。今季の開幕戦・松本山雅FC戦(1-1)でもゴールマウスを守った。

 来日5シーズン目を戦うカミンスキーは母国ポーランド紙「Rzeczpospolita」のインタビューに応じ、昨夏のロシア・ワールドカップや今冬のアジアカップで日本代表がロッカールームを整理・整頓して世界から称賛を浴びた件について触れている。

「日本人は、周りから整理・整頓が何か特別な行動だと思われていることに驚いていた。それは決して一度きりの行動ではないし、彼らにとっては当たり前のことなんだ」

 長年日本でプレーしているカミンスキーは日本の文化や日本人の特性を理解しており、日本代表で見られた“美ロッカー”の意識はクラブレベルでも同じだと強調している。

「同じことがクラブチームでも起こる。誰もがそうあるべきだと考えていて、スタッフ、チームマネージャー、マッサージ師だけでなく、選手たちだって整理・整頓に参加する。これは、日本の選手たちがサッカーを始めた当初に学ぶことだ。練習場でも同様で、自分のスペースを気にかけている」

 日本代表が国際舞台で見せた振る舞いは決して特別なものではなく、日本人にとって当たり前の行動だと母国メディアに喧伝しているカミンスキー。すっかり日本の生活に順応したポーランド人GKは、日本人の習性についても日々理解を深めているようだ。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング