京都DF闘莉王、J1・J2通算500試合出場を達成! プロデビューから19年目の金字塔

DF闘莉王がJ1・J2通算500試合出場を達成した【写真:Getty Images】
DF闘莉王がJ1・J2通算500試合出場を達成した【写真:Getty Images】

J2開幕戦の新潟戦、後半43分から登場 FW起用されて強烈ヘディングシュートも

 J2京都サンガF.C.の元日本代表DF田中マルクス闘莉王が、ホームで行われた24日の開幕戦アルビレックス新潟戦でJ1・J2リーグ戦通算500試合出場を果たした。

 J1通算395試合出場、J2通算105試合目の出場となった闘将は後半43分にFW宮吉拓実と交代。MFレナン・モッタとともにピッチに立った。

 2017年4月15日の愛媛FC戦でハットトリックを達成し、Jリーグ史上初となるDF登録選手の100得点を果たしていた闘将にとって、2001年のJ1広島でのプロデビューから19年目にして節目の500試合出場となった。

 DF登録の闘莉王だが、この日はFW起用。後半44分にはDF石櫃洋祐のクロスに強烈なヘディングシュートを放つも相手GKの正面を突いた。最後まで果敢に迫るもゴールは奪えず、試合はスコアレスドローに終わっている。

 試合後に闘莉王の500試合出場が会場でアナウンスされると、西京極の観衆から大きな拍手が沸き起こった。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング