窮地のシティを救った28mの衝撃ドライブFKを英紙称賛 「スリリングな復活を提供」

シティMFレロイ・サネ【写真:AP】
シティMFレロイ・サネ【写真:AP】

ドイツ代表MFサネが古巣シャルケを相手に圧巻の同点弾 「違いを生み出した」

 マンチェスター・シティは現地時間20日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16第1戦でシャルケと対戦し、アウェーで3-2と逆転勝利を収めた。この日、途中出場したドイツ代表MFレロイ・サネは約28メートルの距離からの直接FKで同点ゴールを奪って勝利に貢献。英紙「インディペンデント」や「マンチェスター・イブニング・ニュース」も圧巻の一撃に注目している。

 悲願の欧州制覇を目指すシティは敵地に乗り込んで迎えた一戦で、前半18分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのゴールで幸先良く先制点を奪取。しかし同38分、同45分と立て続けにPKを与えてしまい、スコアをひっくり返されて前半を折り返した。

 後半に圧力を強めるも、後半23分にアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディが2枚目のイエローカードで退場処分。ビハインドで数的不利の状況に陥ったシティだが、そんな窮地を救ったのがサネだった。

 サネは後半33分にアグエロに代わりピッチに立つと、同40分にゴール正面から約28メートルの位置でFKを得る。キッカーを務めたサネが力強く左足を振り抜くと、縦回転のドライブシュートは壁を超えた直後に鋭く落ちてゴール右上に突き刺さった。チームメートが祝福に駆け寄るなかで、2014年から2年間シャルケに在籍していたサネは古巣相手からの同点弾にノーセレブレーションを貫き、敬意を示していた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング