「Jリーグに興味を持っていた」 鳥栖新加入の元バルサMF、日本文化は「ラブリー」

サガン鳥栖に加入したクエンカ【写真:Getty Images】
サガン鳥栖に加入したクエンカ【写真:Getty Images】

今季注目の新戦力の一人であるクエンカ 欧州で「日本に興味を持っている人は多い」

 いよいよ今週末に新シーズンが開幕するJリーグには、楽しみな新外国籍選手が数人いる。ワールドカップ、欧州選手権、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルを持つ元スペイン代表ダビド・ビジャ(ヴィッセル神戸)と、ロンドン五輪の得点王である元ブラジル代表レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)が筆頭格と言えるが、J1サガン鳥栖に加入したスペイン人アタッカー、イサック・クエンカにも注目したい。

 カタルーニャで生まれ、誉れ高きバルセロナの下部組織ラ・マシアで育まれ、ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ監督)が率いていた当時のチームでトップデビュー。そのシーズンのクラブワールドカップ優勝やスペイン国王杯制覇、CL4強入りにも貢献したが、翌シーズンに膝に重傷を負い、以降は国内外のクラブを転々とした。しかし、まだ27歳だ。プレシーズンの沖縄キャンプでは、新チームで独特の間合いのドリブルや高いスキルを披露し、シーズン開幕に期待を抱かせた。

 バレンタインデーに開催されたJリーグキックオフカンファレンスに急きょ参加した彼に、スペイン語で挨拶をして「英語は話す?」と訊くと「もちろん」と返答したので、質問を投げかけてみた。まずは日本に来た理由から――。

「Jリーグにも日本にも興味を持っていたんだ。フットボールのレベルも上がっていると聞いていたし、スペインなどヨーロッパでも日本に興味を持っている人は多い。フェルナンド(・トーレス)がすでに入団していたし、この話をもらった時、僕はそれほど迷わなかったな」

 新天地の鳥栖は今季からスペイン人のルイス・カレーラス監督を招聘し、トーレスを含め3人のスペイン人が在籍する。ただしクエンカは、「注目されているのは、僕らスペイン人選手かもしれないけど」と言って、次のように続けた。

「言うまでもなく、フットボールはチームスポーツなので、勝利のためには全員の力が必要だ。チームが一つになることも大事だね。チームメートはとてもレベルが高いので、僕は彼らのことを信じているよ」

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング