磐田の名波監督、「ベテランの力」を強調 大久保嘉人や中村俊輔らが在籍する意義

ジュビロ磐田の名波監督【写真:Noriko NAGANO】
ジュビロ磐田の名波監督【写真:Noriko NAGANO】

名波監督がベテランの存在に言及 「チームビルディングをするうえで力になる」

 昨季のJ1リーグで残留争いに巻き込まれ、昇格プレーオフの末に残留を勝ち取ったのがジュビロ磐田だった。チームを率いる名波浩監督は14日に東京都内で開催された2019Jリーグキックオフカンファレンスに参加し、「チームビルディングをするうえでは、ベテランの経験が力になる」と、FW大久保嘉人やMF中村俊輔といった日本代表でも活躍してきた選手たちが所属する意義を強調している。

 磐田は昨季に苦しいシーズンを送った。名波監督はJリーグについて「一貫性のあるチームが上にいく。こういうサッカーをする、こういうメンバーでやっていくという一貫性が必要だと思う。ジュビロは1回それがバラけてしまったことがあったから、それを修正し直して再スタートを切ったところ」と、まだ2000年代前半の黄金期を取り戻すなかでの道半ばであるとしている。

 そうしたなかで、磐田の強みの一つと言えるのが、中村や大久保といった経験のある選手がチームに所属することだ。名波監督は、チーム内での競争という意味では同列だとしながらも、その特別な役割があることを話している。

「間違いなく、チームビルディングをするうえではベテランの経験が力になるし、それを伝える作業でクラブ力が上がる。彼らのやる仕事はピッチの上以外のことも生まれてきてしまうけれども、キャリアも年齢も関係なくピッチに立てるのは調子の良い選手と伝えている。みんな、それに向けて努力してくれている」

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング