闘莉王が“盟友”楢﨑の偉大さを証言 「神様から与えられた才能」と称えた技術とは?

DF闘莉王がかつて名古屋と日本代表で共闘したGK楢﨑について語った【写真:Getty Images】
DF闘莉王がかつて名古屋と日本代表で共闘したGK楢﨑について語った【写真:Getty Images】

昨季限りで現役引退の守護神・楢﨑 「あんなに凄いGKは見たことがない」

 昨季限りで現役を引退した元名古屋グランパスGK楢﨑正剛。Jリーグ660試合出場、日本代表77試合出場で、ワールドカップ(W杯)4大会連続選出という輝かしい成績を残した。42歳で輝けるキャリアに幕を引いた守護神の凄みを、かつて名古屋と日本代表で共闘した元日本代表DF田中マルクス闘莉王(現・京都サンガF.C.)が証言した。

「ナラさんの引退は本当に寂しい。まだやれる。最後にピッチ上でのプレーが見たかった」

 こう語った闘莉王と楢﨑は、言わずと知れた盟友だ。2010年に万年中位と揶揄されてきた名古屋に移籍した闘将は、楢﨑と鉄壁の連係を見せ、同年にクラブ史上初のリーグ優勝をもたらした。

「日本サッカー界で最高のGKだと思う。あんなに凄いGKは見たことがない。これから出てくるのかな、とも思う。とにかく技術が高い。止めるという部分でまず上に出る人はいない」

 守護神・楢﨑についてこう語り始めた闘莉王は、クラブと代表で最も忘れられない記憶があるという。

「一番の思い出はチームだとグランパス移籍1年目のリーグ優勝。あのチームはすごくタレントが揃っていたけれど、被シュートの本数はリーグワーストに近かった記憶がある。それはナラさんがいるからという部分も多かった。ペナルティーエリア外からのシュートは自分とマス(増川隆洋/現・京都)がコースを消しているし、ナラさんがいるのでまず入らない。だから、どんどん打たせていた。GKとして初めてJリーグMVPに選ばれたけれど、自分のことのように嬉しかった。相応しいとも思った。

 日本代表戦だと南アフリカ・ワールドカップ最終予選のアウェー、ウズベキスタン戦。1-0で勝ってワールドカップ出場が決まったけれど、数的不利になるなか、(中澤)佑二さんとナラさんと守り倒した」

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング