香川真司が「トルコで復活か」 衝撃デビューに韓国も熱視線「マルチゴールで爆発」

MF香川の活躍ぶりに韓国メディアも熱視線を送っている【写真:(C)BesiktasJK】
MF香川の活躍ぶりに韓国メディアも熱視線を送っている【写真:(C)BesiktasJK】

新天地合流からわずか3日でデビュー 出場直後に初得点、2分後には直接FK弾を記録

 トルコ1部ベジクタシュに移籍したMF香川真司は、現地時間3日のリーグ第20節アンタルヤスポル戦でトルコデビュー。後半36分の登場からわずか16秒で初ゴールをマークすると、さらに同39分には約25メートルの直接FKも決め、6-2の大勝に貢献した。東欧の地での目覚ましい活躍に、韓国メディアも「トルコで復活か」と熱視線を送っている。

 敵地に乗り込んだベジクタシュのシェノル・ギュネシュ監督は、2月1日に合流したばかりの香川はベンチスタート起用。チームは前半35分、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定で獲得したPKをセルビア代表FWアデム・リャイッチが決めて先制すると、同39分には元ブラジル代表DFアドリアーノの左サイドからの折り返しを、中央に飛び込んだMFドルクハン・トコズがダイレクトでゴール左隅に突き刺して追加点。その4分後には、リャイッチのブレ球FKを相手GKが弾いたところをカナダ代表MFアティバ・ハッチンソンが押し込み、3-0とリードを奪って前半を折り返した。

 後半は1点ずつを奪い合い、4-1で迎えた後半36分に香川に出番が回ってきた。セルビア代表FWアデム・リャイッチに代わり、自身約3カ月ぶりの公式戦出場。アタッキングサードでボールを受けたファーストプレーでドリブルを仕掛けると、ペナルティーエリア手前で高速シザースから右足を一閃。グラウンダーの一撃がゴール左隅に突き刺さり、トルコデビューからわずか16秒で移籍後初ゴールを奪った。

 香川の勢いは止まらない。後半39分には約25メートルの位置から直接FKを決めてこの日2点目。3分間で2得点を挙げるゴールラッシュを披露した。これには、日本と長年ライバル関係を築いてきた韓国のメディアも反応している。

 韓国サッカー専門サイト「インターフットボール」は、「トルコで復活か 香川、ベジクタシュデビューでマルチゴールと爆発」と見出しを打ち、その活躍を報じた。

【PR】CB昌子源がトゥールーズへ移籍。新たな日本人DFの挑戦をDAZNで見届けよう!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング