東京V新加入DF近藤、伝統と歴史に誓う“J1昇格宣言” 「最後のサッカー人生を懸ける」

ジェフユナイテッド千葉から加入したDF近藤直也【写真:Football ZONE web】
ジェフユナイテッド千葉から加入したDF近藤直也【写真:Football ZONE web】

ホワイト監督を迎え、J1昇格を目指す東京V移籍を決断「小学校時代からの憧れだった」

 J2東京ヴェルディは19日に新体制発表を行い、新加入選手12人がお披露目となった。ギャリー・ジョン・ホワイト新監督の下、新たなディフェンスリーダーの1人として期待されるのが、ジェフユナイテッド千葉から加入した元日本代表DF近藤直也だ。プロ18年目を迎えるセンターバックは「ヴェルディはJ1に行かなきゃいけないチーム」とJ1昇格を誓った。

 東京Vはミゲル・アンヘル・ロティーナ体制2年目の昨季、リーグ6位でJ1参入プレーオフに進出。1回戦で大宮アルディージャ、2回戦で横浜FCをともに1-0で下して決定戦に駒を進めたが、J1ジュビロ磐田に0-2で敗れて涙を呑んだ。

 チームは今オフにホワイト監督を迎え入れたなか、昨季リーグで2番目に少ない失点数だった守備陣に加わった頼もしい男が、日本代表経験者の近藤だ。柏レイソルでJ1リーグ、ルヴァカップ(当時ナビスコカップ)、天皇杯と国内3大タイトルの優勝を果たした熟練のセンターバックにとって、Jリーグ創設時のオリジナル10メンバーである東京V(当時ヴェルディ川崎)は憧れだったという。

「ヴェルディは小学校時代からの憧れです。僕が小3、4の時にJリーグが開幕したけど、その時に強かったチームはいつまでも憧れで、なかでもヴェルディは伝統と歴史もあるチーム。そういうチームから誘いがあって嬉しく思いました」

 MF井上潮音やMF渡辺皓太ら有望な若手を数多く擁し、「技術のある選手が揃っていて、将来性のある良いチーム」という印象以上に、近藤は東京Vに対してある思いを抱いていたという。

「このチームがJ2にずっといてはいけないと心の中で思っていました。ヴェルディはJ1に行かなきゃいけないチーム」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング