チェルシーがVARでのPK献上に異議 自前の“別角度映像”を用意「あれはオフサイド」

チェルシーがVARでのPK献上に異議を唱えている【写真:Getty Images】
チェルシーがVARでのPK献上に異議を唱えている【写真:Getty Images】

リーグ杯トットナム戦に0-1で敗戦 サッリ監督は「副審が走るのを止めた」と審判批判

 チェルシーは現地時間8日、リーグカップ準決勝第1戦でトットナムに0-1で敗れた。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定でPKを与え、敵地で黒星を喫する結果となったが、そのファウル直前の判定に異議を唱え、“別角度”からの映像を見せてPKは無効と主張しているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 この試合の勝敗を分けるプレーが生まれたのは、前半24分だった。トットナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトが、チェルシーの高い最終ラインの背後にロングボールを供給。イングランド代表FWハリー・ケインが抜け出してペナルティーエリア内に侵入した。1対1の状況に飛び出したスペイン代表GKケパ・アリサバラガが、腕でケインを引っ掛けて倒したところで主審のホイッスルが鳴り響いた。

 アルデルヴァイレルトからケインへのパスに対して、チェルシーは手を挙げてオフサイドを主張していた。副審も旗を上げ、主審もオフサイドのような間接FKの証となる左手を挙げて笛を吹き、当然トットナムのオフサイドという判定が下されたと思われた。しかし、VARで検証が行われると、ケインはオフサイドではなく、ケパ・アリサバガラのファウルという判定になってトットナムにPKが与えられた。このPKをケインが決めて先制点を挙げ、それがそのまま決勝点となってトットナムが先勝した。

 敗れたチェルシーは試合後もこの判定に納得がいっていないようで、別角度の映像を用いて判定への異議を唱えている。試合中継ではチェルシー陣地側のカメラで最終ラインの斜め後方から撮影された映像を基に、ケインはオフサイドポジションではなかったと説明していた。しかし、チェルシーはピッチ正面のカメラで最終ラインが真っすぐに見えやすい映像を用意。試合後にサッリ監督は「あれはオフサイドだった」と主張した。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. 「ファンが涙」 イングランド代表のW杯新ユニフォーム、不評デザインに反響拡大「今まで見た中で最悪」

  6. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  7. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  8. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  9. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  10. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  1. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  8. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」