レアルMFモドリッチ、19年初黒星に危機感 「全員が自己批判をしなければいけない」

レアルは第18節ソシエダ戦で0-2と敗れ、首位バルサとの勝ち点差が「10」に広がった【写真:Getty Images】
レアルは第18節ソシエダ戦で0-2と敗れ、首位バルサとの勝ち点差が「10」に広がった【写真:Getty Images】

ソシエダに足元をすくわれて敗戦「僕らの多くは自分たちのレベルに達していない」

 レアル・マドリードは現地時間6日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節レアル・ソシエダ戦で0-2と敗れ、首位バルセロナとの勝ち点差を「10」に広げられた。この状況に危機感を持っているのはクロアチア代表MFルカ・モドリッチだ。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」によると試合後に「僕らは自己批判しないと」と厳しい言葉を口にしたという。

 試合はキックオフ直後の3分、ブラジル代表MFカゼミーロがペナルティーエリア内でファウルを犯してPK。これをFWウィリアン・ホセに決められて先制を許すなど、マドリードは開始早々からリズムに乗れない。それに加えて後半16分にはスペイン代表MFルーカス・バスケスが退場して1人少ない状況となり、同25分にはブラジル人FWヴィニシウスがペナルティーエリアで倒されたプレーもPKとならず、同38分にソシエダMFルーベン・バルドの追加点によって万事休した。

 この日のモドリッチはシュートでゴールを狙うシーンもあったものの、得点に直結するプレーはできず。また3日の第17節ビジャレアル戦(△2-2)に続き勝ち点3を獲れなかったこともあり、「僕らの多くは自分たちのレベルに達していない。チャンスは作っているけどシュートが入らないし、上手くいっていない理由を明確にする必要がある」と反省の弁を述べるとともに、こう厳しく話していたという。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング