モウリーニョ退任のマンU 暫定監督に伝説の”切り札”スールシャール浮上

現在、ノルウェー1部モルデFKを率いるスールシャール監督【写真:Getty Images】
現在、ノルウェー1部モルデFKを率いるスールシャール監督【写真:Getty Images】

英「BBC」が報道 現在モルデを率いるもノルウェーリーグはすでに今季終了

 ジョゼ・モウリーニョ監督の退任を発表したマンチェスター・ユナイテッドが、クラブOBの元ノルウェー代表FWオレ・グンナー・スールシャール監督(モルデFK)を暫定指揮官として招聘する可能性が浮上している。英公共放送「BBC」が報じた。

 成績不振による事実上の解任でモウリーニョ監督がクラブを去ったユナイテッド。シーズン途中ということで新監督選びは人材も限られるが、1996年から2007年までクラブで活躍したかつてのスーパーサブに白羽の矢が立ったようだ。

 スールシャール監督は現在、ノルウェー1部モルデFKを率いているが、プレミアリーグと開催期間の異なるノルウェーリーグはすでにシーズンが終了。ユナイテッドはその間に暫定指揮官として迎えることを検討しているようだ。12月22日に予定されている第18節の敵地カーディフ戦までに、暫定監督を立てたいと考えているという。

 スールシャール監督は現役時代にユナイテッドで366試合126得点という実績を残し、引退後の08年から10年まではリザーブチームで監督も務めた。モウリーニョ監督の後任、そして暫定指揮官という難しい役回りを引き受けることになるのだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング