モドリッチ、バロンドール初受賞の舞台裏をクラブ公開で反響 「緊張した表情が愛らしい」

バロンドールを初受賞したモドリッチ【写真:AP】
バロンドールを初受賞したモドリッチ【写真:AP】

授賞式出発から“おめかし”の舞台裏まで収録した映像をクラブ公式インスタグラムが投稿

 レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチは現地時間3日、2018年のバロンドールを受賞した。クラブ公式インスタグラムは初受賞の舞台裏に密着し、マドリードにトロフィーを持ち帰るまでの映像をハイライトにして60秒にまとめている。

 モドリッチは昨季、レアルのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)三連覇に大きく貢献。今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でも主将としてクロアチアを準優勝に導いた。クラブ、代表の両シーンで功績を残したことが評価され、過去10年にわたってバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが席巻してきたバロンドールの歴史に自らの名前を刻んだ。

 レアル公式インスタグラムは、栄冠を手にしたモドリッチに密着した映像を公開した。タキシードとキャリーケースを持ち、神妙な面持ちでクラブハウスから旅立つところから動画はスタート。飛行機に搭乗してパリへ到着すると、ホテルの一室でタキシードに着替え、妻に蝶ネクタイをセットしてもらい、笑顔で会場へと向かう姿を収めている。受賞後はクラブへ戻り、トロフィーを手にチームメイト全員と記念撮影。主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスに指を指された際には、照れ笑いを浮かべていた。

 投稿のコメント欄では、「君はその賞に値する選手だ!」「レアルのエンジンだ」「史上最高のマエストロだ」「緊張した表情が愛らしい」「おめでとう、僕らのNo.10!」とファンから反響を呼んでいた。

 W杯MVPとバロンドールのダブル受賞は史上4人目の快挙。モドリッチにとって、「2018年12月3日」は生涯で忘れられない日となったに違いない。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング