C・ロナウド級!? 柏FW、50m級の超絶ループ弾に海外騒然「人生で最大の一撃」

クリスティアーノが圧巻の一撃を叩き込んだ【写真:Getty Images】
クリスティアーノが圧巻の一撃を叩き込んだ【写真:Getty Images】

クリスティアーノがハーフウェーライン付近から圧巻の一振りでG大阪GK東口を攻略

 柏レイソルのブラジル人FWクリスティアーノは、1日のJ1リーグ第34節ガンバ大阪戦(4-2)で50メートル級の衝撃ゴールを決めてシーズン最終戦の勝利に花を添えた。ワールドクラスの一撃に、海外メディアも「人生で最大の一撃はどのように打った?」と注目している。

 試合は前半11分に元日本代表DF鈴木大輔のゴールで柏が先制。同28分に同点弾を決められるも、前半終了間際にFW瀬川祐輔、後半早々にMF中山雄太のゴールで3-1とリードを広げる。そして迎えた同18分、クリスティアーノが圧巻の一撃を叩き込んだ。

 G大阪MF今野泰幸からMF遠藤保仁へのパスを中山がカットすると、ハーフウェーライン付近でクリスティアーノがこぼれ球に反応。ボールを奪った直後にターンすると、そのまま右足を一閃。ゴールまで約50メートルの位置から放たれたロングシュートが相手の日本代表GK東口順昭の頭上を越えるループ弾となって、そのままネットを揺らした。

 歓喜を爆発させたクリスティアーノは看板を乗り越え、ファンと抱擁を交わすなど会場は騒然とした雰囲気に包まれた。その後に1点を返された柏だが、降格が決定しているなかで最後に意地を見せて、G大阪のクラブ新記録となる10連勝を阻止した。

 クリスティアーノのスーパーゴールに対しては、ハンガリーメディア「24」が「人生で最大の一撃はどのように打った?」と注目。「有終の美を飾るために、ブラジル人クリスティアーノはハーフウェーラインからG大阪のGKにチャンスを与えないビューティフルな一撃を突き刺した」と称え、最後に「彼は有名なクリスティアーノ(・ロナウド)とは別の人物だ」とユーモアを交えて伝えている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング