「凄い」「真似したい」 U-21日本代表DF橋岡大樹が驚嘆、“お手本”のA代表選手は?

世代別でプレーした選手たちに刺激 「自分も負けていられないという気持ち」

 森保監督は、「自信が過信にならないように、もっともっと高めていくこと。アンダー世代で満足するのではなく、A代表で活動しながら東京五輪に出ていくという強い気持ちを持ってもらいたい」と、この世代の選手たちに対して心構えの部分で求めているとメンバー発表会見で話した。

 橋岡もまた、世代別代表でともにプレーしたMF堂安律(フローニンゲン)やDF冨安健洋(シント=トロイデン)がA代表に選ばれていることが「自分も負けていられないという気持ちで日々の練習に取り組んでいきたい」という刺激になっていると話す。

 昇格時に、当時ユースチームの監督で現在はトップチームの大槻毅ヘッドコーチから、「ロシアW杯を狙う気持ちでやっていけよ」という声が掛けられた。それくらい、橋岡に高いポテンシャルがあることは今季の実績からも証明されている。森保監督の求める、経由ではない「東京五輪“兼”A代表」という存在に向け、このハードスケジュールも成長につなげていくことが期待される。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング