「日本史上最高のGK」 守護神・川口能活の現役引退にファン衝撃「ショック」「寂しい」

相模原がGK川口能活の現役引退を公式発表【写真:Getty Images】
相模原がGK川口能活の現役引退を公式発表【写真:Getty Images】

4日、相模原がGK川口能活の現役引退を公式発表 ファンの間で様々な声が上がる

 J3のSC相模原が4日、公式サイトで元日本代表GK川口能活が今季限りで現役引退すると発表した。この一報を受けて、ファンの間では驚きと悲しみ、労いの声などが広がっている。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 現在43歳の川口は横浜F・マリノスでプロデビューを飾り、ポーツマスFC(イングランド)、FCノアシェラン(デンマーク)、ジュビロ磐田、FC岐阜でプレー。2016年から相模原に所属していた。日本代表のGKとしては歴代1位の116試合に出場し、ワールドカップも1998年から2010年まで4大会連続で選出。長年、日の丸を背負い続けてきた守護神が、現役引退を決断した。川口は相模原の公式サイトで、「今シーズンで引退することを決めました。とにかく今は感謝の気持ちしかありません」とコメントしている。

「川口能活現役引退」の一報に、SNS上ではサッカーファンからの様々な声が上がった。

「お疲れ様です」
「びっくり」
「衝撃的なニュース」
「寂しい」
「2004年のアジアカップで神憑りのセービングをしたのは伝説」
「感動をありがとう」
「日本史上最高のGK」
「キーパーがカッコいいと思わせてくれた選手」
「何回もセービング集見てた」
「またレジェンドが去る」

 1994年からプロとしてプレーし、ファンに愛された男が25年の現役生活に幕を下ろす。サッカーファンの間で、引退を惜しむ声が広がり続けている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング