元日本代表MF松井大輔が期待する「海外組アタッカー」 若手に設定した“目標”とは?

「期待の海外組アタッカー」について横浜FCのMF松井大輔に訊いた【写真:荒川祐史】
「期待の海外組アタッカー」について横浜FCのMF松井大輔に訊いた【写真:荒川祐史】

18歳でドイツに渡り、自らを磨く伊藤には同じドリブラーとしても共鳴

 森保一監督率いる日本代表は、9月の新体制初陣から3連勝と最高のスタートを切っている。なかでも10月16日のウルグアイ戦ではMF堂安律(フローニンゲン)やMF南野拓実(ザルツブルク)、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)と若手アタッカーが躍動。4-3と南米強豪との打ち合いを制した。2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)に向けて「世代交代」が大きなテーマとなるなか、海外で計11年、8クラブを渡り歩いた横浜FCの元日本代表MF松井大輔は若手の台頭についてどのような見解を持っているのか。「期待の海外組アタッカー」について訊いた。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「堂安くんら若い選手が、どういう道を選んでいくのか楽しみ」

 そう前置きして名前を挙げたのは、ハンブルガーSVのFW伊藤達哉だ。柏レイソルU-18出身の伊藤は、2014年にUAEで開催された国際大会アル・アインインターナショナルジュニアチャンピオンシップで大会MVPを獲得。グループリーグで対戦したハンブルガーSVのスカウトの目に留まり、18歳でJリーグクラブを経由せずドイツに渡った。「試合に出られるなら、早くから海外に行った方がいい」と説く松井の条件にも一致する。

「伊藤くんはドリブラーなので頑張ってほしいです。ハンブルガーで点を取ればすぐにレギュラーになれるだろうし、ドイツ2部は活躍のチャンスが大いにある。コンスタントに試合に出て、実力を証明できれば、より上のクラブにステップアップする可能性も広がると思います」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング