なでしこMF猶本光が公開、「これでちょっと背伸びしてる…」の“瞬間ショット”に反響

女子ブンデスリーガ1部SCフライブルクのMF猶本光【写真:Getty Images】
女子ブンデスリーガ1部SCフライブルクのMF猶本光【写真:Getty Images】

本拠地ホッフェンハイム戦に先発した猶本、後半25分まで出場して3-2勝利に貢献

 女子ブンデスリーガ1部SCフライブルクに所属するなでしこジャパン(日本女子サッカー代表)MF猶本光が自身の公式ツイッターを更新し、「これでちょっと背伸びしてる…」と一枚の写真を投稿して反響を呼んでいる。

 7月になでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部の浦和レッズレディースからドイツ1部SCフライブルクに完全移籍した猶本。足首の負傷で出遅れていたが、14日のリーグ第4節MSVデュースブルク戦(0-2)で後半途中から出場を果たした。試合後、「やっとブンデスリーガデビュー。20分と思ってたけど30分…体力的にキツかったー」とツイッターに綴り、「やっぱ勝ちたかった~~でもそれくらいこのチームが好きになれてて良かった!」と思いを新たにしていた。

 次節で移籍後初スタメンを飾るもチームは0-3と敗戦。そうして迎えた24日の第6節の本拠地ホッフェンハイム戦で2試合連続スタメン出場を飾った猶本は後半25分までプレーし、3-2勝利に貢献。猶本にとって出場試合での初白星となった。

 試合後にツイッターを更新した猶本は「ホッフェンハイムに勝ったぁ。試合終了ギリギリで、ヒヤヒヤでした。70分くらいプレーしました」と報告。さらに一枚の写真を投稿すると「得点した時の喜びの輪」と綴り、ゴール後に生まれた祝福の輪に猶本も加わっている様子を説明している。その一方で「こんなにチビなんだ。これでちょっと背伸びしてる…」と冗談交じりに綴った。返信欄では「おめでとうございます」「存在感十分」「良い写真」などの声が上がっている。

 11月11日に鳥取で行うノルウェー女子代表との国際親善試合に向けた日本代表メンバー28人が23日に発表され、猶本は復帰を果たした。怪我から復活を遂げた司令塔のプレーに注目が集まる。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング