「恥ずかしながら……」 浦和DF槙野、相手の退場劇で発生した“衝撃の事態”を告白

浦和DF槙野智章【写真:Getty Images】
浦和DF槙野智章【写真:Getty Images】

宇賀神のゴールに続き、完璧なコントロールショットを突き刺して2-0とリード

 浦和レッズの日本代表DF槙野智章は、24日の天皇杯準々決勝・サガン鳥栖戦で鮮やかなミドルシュートを決めて2-0の勝利に貢献した。2点リードの後半途中に鳥栖DFキム・ミンヒョクが退場処分となり数的優位に立ったなか、「恥ずかしながら……」と、まさかの事態があったことを明かした。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 浦和は20日にリーグ戦の大一番となった鹿島アントラーズ戦(3-1)に勝利してから中3日だったが、全く同じスタメンを並べた。この日は熊谷スポーツ文化公園が会場で、観衆も7867人。4万6000人以上を集めた埼玉スタジアムとの違いに、槙野は「普段とボールも違うし、雰囲気もガラッと変わる。気をつけようと話していた」と明かした。それでも、立ち上がりは少しバタバタとしたものになってしまった。

 そうしたなかで浦和は前半16分にMF宇賀神友弥のゴールで先制すると、同31分には追加点が生まれた。MF柏木陽介のパスにFW興梠慎三が抜け出すと、シュートを打てなかった興梠は丁寧にバックパス。そこに槙野が走り込んだ。「最近は力んでしまっていたものを、落ち着いて打つことができた」と話した右足のコントロールショットは、必死に飛びつく日本代表GK権田修一も届かないコースに決まった。

 そして後半、反撃に出る鳥栖は二人を交代して圧力を高めたが、アクシデントがあった。DFキム・ミンヒョクがまずは後半2分にラフプレーで警告を受けると同12分、接触プレーで鳥栖の選手がファウルを受けた場面で、村上伸次主審に強く異議を唱えてしまった。これで2枚目の警告を受けて退場になり、浦和は10人の相手に2点リードという展開を手に入れた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング