久保建英と同じ17歳の“スーパータレント” 斉藤光毅が抱く「ワールドクラス」への野心

FW久保建英と同じ2001年生まれの17歳FW斉藤光毅(右)【写真:ⒸAFC】
FW久保建英と同じ2001年生まれの17歳FW斉藤光毅(右)【写真:ⒸAFC】

U-19アジア選手権で2試合連続ゴール 久保には「刺激を受けています」

 影山雅永監督が率いるU-19日本代表は、インドネシアで行われているU-19アジア選手権で初戦の北朝鮮に続きタイにも3-1で勝利し、2連勝でグループリーグ首位通過を決めた。

 北朝鮮戦(5-2)では2-0から一度は追いつかれ、タイ戦でも3-0から1点を返されて、さらに大きなピンチを何度も迎えるなど内容は決して“楽勝”ではないが、それでも2試合8得点の攻撃は非常に魅力的だ。

 17歳でチームの中心的な役割を担うFW久保建英(横浜F・マリノス)に注目は集まるが、攻撃陣にはその他にもタレントが揃う。久保と同じく“飛び級”で2017年のU-20ワールドカップ(W杯)に出場したFW田川亨介(サガン鳥栖)や、北朝鮮戦で途中出場からゴールしタイ戦では鮮やかな突破から2アシストを記録したMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)、2試合3得点のFW宮代大聖(川崎フロンターレ)などが輝かしい才能を発揮している。

 そのなかでも必見のヤングタレントがいる。久保と同じ2001年生まれの17歳、FW斉藤光毅(横浜FCユース)だ。北朝鮮戦で1得点1アシストを記録した斉藤は、タイ戦でも安部のスルーパスに抜け出し、技ありシュートでゴールネットを揺らした。

「動き出したタイミングで上手くパスが出てきたので、相手に当たってちょっとコースも変わったんですけど、どうしようかなと思ったんですが、コースがなかったので相手のタイミングを外してちょんちょんとうまくいった」

 そうゴールを振り返る斉藤は、2トップを組んだ宮代との関係について「すごくやりやすいので、自分にとっても。抜けたら入ってきて、抜けたら入ってきての繰り返しだと思うんですけど、大聖くんはキープ力もあるし自分も自由にできる」と語るが、「攻撃では二人とも落ちちゃったり、上がっちゃったりとかたまにあったので、それは二人で話し合って改善したりいろいろ聞いたりして改善できたら」と、課題を口にすることも忘れなかった。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング