浦和FW武藤雄樹、殊勲の2ゴールの陰にあった監督とヘッドコーチからの“W要求”

鹿島戦で2ゴールを挙げた浦和レッズFW武藤【写真:Getty Images】
鹿島戦で2ゴールを挙げた浦和レッズFW武藤【写真:Getty Images】

ミドルと個人技で2ゴールを奪い、鹿島撃破に貢献

 浦和レッズのFW武藤雄樹は、来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を狙ううえで大一番となった20日のJ1第30節・鹿島アントラーズ戦で2ゴールの活躍。チームを3-1の勝利に導いたが、その裏にはオズワルド・オリヴェイラ監督や大槻毅ヘッドコーチの存在もあった。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 鹿島戦の武藤はまさに絶好調だった。前半から相手の間でボールを受けて起点になるだけでなく、ドリブルで積極的に切り込むプレーを披露。相手ボール時には守備をサボらない献身性を見せていた。しかし、得点は生まれずに0-1でハーフタイムを迎えた。

 悪くないプレーを見せていた武藤に、声をかけたのが大槻ヘッドコーチだったという。シーズン途中には暫定監督も務めたコーチは、武藤に対して「足を振り抜け」と何度も声をかけたのだという。

 暫定監督を務めていた時期には、「シュートを打て、突き刺せ」という指示を送ったこともあるコーチは、武藤にそうした思い切りを求めた。武藤もまた、「前半にシュートを打てそうなところでパスを出したところもあったので言われたのだと思う」と、思い当たるフシがあった。

 それが無意識に影響したのか、1-1と追いついた後の後半15分にその場面が訪れた。相手の中盤の前に降りて縦パスを受けた武藤は、鮮やかなターンで利き足と逆の左足側に反転。MF小笠原満男を置き去りにすると、迷いなく左足を振り抜いた。まさに会心の一撃という言葉がピッタリの弾丸ミドルは、ゴール右に突き刺さった。武藤もまた「蹴った瞬間の感触が本当に良くて、これはいったな、と」と感じられるほどに文句なしの一発だった。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング