川崎が2点ビハインドから劇的な逆転勝利! イニエスタ擁する神戸撃破でリーグ連覇に前進

川崎はイニエスタ擁する神戸を撃破し、リーグ連覇に前進【写真:Football ZONE web】
川崎はイニエスタ擁する神戸を撃破し、リーグ連覇に前進【写真:Football ZONE web】

神戸に3失点を喫し、一時2点のビハインドを背負うも…

 首位の川崎フロンターレは20日、J1第30節ヴィッセル神戸戦で5-3と逆転勝利。2位サンフレッチェ広島との勝ち点差を4に広げ、Jリーグ連覇に向けて頭一つ抜け出した。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 5試合負けなしの川崎はMF阿部浩之とMF守田英正が出場停止、DF車屋紳太郎が負傷離脱と主力勢を欠く一方、6戦勝ち星なしの神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが4試合ぶりの先発復帰を果たした。

 試合は前半13分、ホームの川崎がDF登里享平がペナルティーエリア内で倒されてPK判定。キッカーを務めたFW小林悠がゴール左隅に流し込み、先制点を奪った。

 しかし、直後の前半15分、敵陣でこぼれ球を拾ったイニエスタがボックス内へ浮き球のパスを供給すると、これを元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがヘディングで落とす。川崎DFエウシーニョが慌ててクリアするも、ボールは味方選手の背中を直撃し、そのままオウンゴールとなった。

 さらに同28分、中央でボールを受けたイニエスタが左サイドのポドルスキへ渡すと、ダイレクトで鋭いグラウンダーのボールを供給。パスを受けたFW古橋亨梧が前を向いた瞬間に右足を一閃し、逆転ゴールを突き刺した。

 一気に畳み掛ける神戸はさらに前半35分、ポドルスキが左サイドからのドリブル突破で相手DFをかわすと、大きくサイドチェンジを敢行。それを受けたMF三田啓貴がカットインから強烈な左足ミドルを放ち、ゴールネットを揺らした。

【PR】UCL分析&ハイライト番組『UCL IN FOCUS』がDAZNで絶賛公開中、加入してチェックだ!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング