指揮官から休養を提案されていたレアルMFモドリッチ 「休んではどうかと言っていた」

レアルのMFルカ・モドリッチ【写真:Getty Images】
レアルのMFルカ・モドリッチ【写真:Getty Images】

CL第2戦でCSKAモスクワに0-1敗戦 「雰囲気はもちろん良くなかったけど…」

 レアル・マドリードは現地時間2日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第2戦CSKAモスクワ戦に0-1で敗れ、公式戦3試合連続で勝ち星なし・ノーゴールとなった。この状況で気がかりなのはFIFA最優秀選手のクロアチア代表MFルカ・モドリッチだ。スペイン紙「AS」の取材によると、フレン・ロペテギ監督から3~4試合の休養を提案されていたという。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 CSKA戦でモドリッチはドイツ代表MFトニ・クロース、ブラジル代表MFカゼミーロ、そして今季好調のMFダニ・セバージョスとともに中盤を構成。ゲームは圧倒的に支配したが、前半2分に浴びたMFニコラ・ブラシッチの先制ゴールを挽回できないまま、シュート26本を放ちながら完封負けを喫した。モドリッチは「ここで勝ち点を失うことは予期していなかった」と振り返り、シームの現状について語る。

「ドレッシングルームの雰囲気はもちろん良くなかったけど、僕らは頭を上げてできるだけ早く解決していかないといけない。特にセビージャ戦から今日まで3試合連続でゴールを奪えていないのは気になるけど、勇気を持ってポジティブに考えて、改善して次の試合を勝利すると確信しているよ」

 ゴールを奪えてないFW陣についても「問題ない、と僕は言っている。チャンスはあったけど、今夜は“入りたくない日”だったんだろう。フットボールだから解決策は見つかるよ」とモドリッチらしくチームメートを気遣うコメントをした一方、こんなことも話していたという。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング