一発退場のC・ロナウド、辛口の伊メディアも“同情査定” 「レッドカードは評価に入らない」

ロナウドにとってはチームが2-0で勝利したなかで散々なCL開幕戦になってしまった【写真:Getty Images】
ロナウドにとってはチームが2-0で勝利したなかで散々なCL開幕戦になってしまった【写真:Getty Images】

接触したムリージョと小競り合い CL154試合目にして初の退場処分

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間19日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)初戦、敵地バレンシア戦(2-0)でまさかの一発退場処分となった。しかし、試合後に選手採点を公開したイタリアメディアは一斉にロナウドを擁護している。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ロナウドに衝撃の事態が起きたのは前半29分だった。ユベントスが左サイドから攻撃に出た際、ゴール前に入ろうとするロナウドとコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョが交錯。オーバーアクション気味に倒れたムリージョにロナウドが怒りを露わにし、倒れ込んだムリージョの頭をつかむようなアクションを見せた。ムリージョも激高し、両チームの選手たちがもつれる小競り合いに発展。フェリックス・ブリッヒ主審はゴール前を見ていた追加副審に助言を求めて状況を確認すると、ロナウドにレッドカードを提示した。

 ロナウドはこれがCL154試合目の出場にして初の退場処分。納得のいかない泣き出しそうな表情でロナウドはピッチを去った。

 通常であれば、退場処分となった選手には4点台の低評価を下すイタリアメディアだが、この日のロナウドには擁護の一手だった。イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は、ロナウドに「6点」の及第点。寸評では「幅広いプレーを見せた。観客からは敵意をむき出しにされていた。彼は説明しがたいレッドカードを受けた。CLで初めてだ」と、退場処分の妥当性に疑問符をつけた。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング