ユーベ副会長ネドベド、C・ロナウド獲得の経緯を告白 「CL優勝に必要なサイン」

ネドベド氏(左)がC・ロナウド獲得の経緯を告白した【写真:Getty Images】
ネドベド氏(左)がC・ロナウド獲得の経緯を告白した【写真:Getty Images】

スポーツディレクターのパラティチ氏の提案から“プロジェクト”がスタート

 ユベントスのレジェンドであり、クラブ副会長を務める元チェコ代表MFパベル・ネドベド氏が、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得した経緯を告白した。最初に獲得のアイデアを出したのがスポーツディレクターのファビオ・パラティチ氏によるものだったという。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 2009年にユベントスで現役を引退し、その後スポーツディレクターを経て15年からクラブ副会長を務めるネドベド氏は、ユベントスがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制覇するために今夏の移籍市場でポルトガル代表のエースと契約する必要があると考えていたようだ。

「全てはスポーツディレクターのパラティッチ氏の頭の中で始まった」

 ネドベド氏は、そのことを巡っていろいろな経緯が明かしている。

「彼が私とアンドレア・アニェッリ会長にアイデアを提案してきた時、我々は家にいたんだ。我々は本当にこのアイデアを気に入ったし、興奮していて、これが正しいことをやっていると分かっていたよ。我々が契約条項について聞いた時には、彼と契約しなければならないと考えていた。これはスクデットを7連覇した後に、さらに一歩進むために必要なサインだったんだ」

 今季の戦いに向けて、「我々はCLで優勝することを試みるだろう。それが私たちの今季の目標だ」と語ったネドベド氏。世界的ビッグスターを加えたユベントスは、欧州最高峰の舞台で頂点に立つことができるのだろうか。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング