エジル、憧れのジダンとの初対面を回想 最大のハイライトに…「手汗でびしょびしょ」

エジル(左)はレアルに加入した際、ジダン(右)と思わぬ邂逅があったという【写真:Getty Images】
エジル(左)はレアルに加入した際、ジダン(右)と思わぬ邂逅があったという【写真:Getty Images】

当時レアルに移籍した理由は「ジダンがプレーしていた場所だから」

 アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルにとって、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンは憧れの存在だ。2010年にレアル・マドリードに加入した際、自身のアイドルと思わぬ邂逅があったという。英紙「メトロ」が報じている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 2006年に17歳でプロデビューしたエジルはシャルケ、ブレーメンで経験を積み、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)での活躍が認められてスペインの名門レアルに渡った。その後、2013年に現在のアーセナルに移籍して今年でプロ12年目を迎えるが、これまで最も憧れていた人物は、昨季までレアルの指揮官を務めた英雄ジダンだったという。

「僕は本当に緊張していた。そして、幸せと感謝でいっぱいだった。マドリードのような壮大なクラブに入ることができたからね。僕はレアルでのプレーを夢見ていた。なぜなら、僕のアイドル、ジネディーヌ・ジダンがプレーしていた場所だからだ」

 レアル加入当時、ジダンはクラブのアシスタントコーチを務めており、最初の出会いでは緊張でいっぱいだったようだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング