開幕3戦不発のC・ロナウド、伊メディアが両軍最低タイ評価 「ピッチ上で最悪だった」

注目のC・ロナウドは初ゴール奪えず【写真:Getty Images】
注目のC・ロナウドは初ゴール奪えず【写真:Getty Images】

ユベントスは開幕3連勝も、注目のC・ロナウドは初ゴール奪えず

 今夏の移籍市場でイタリア王者ユベントスに移籍加入して注目を集めているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間1日の敵地パルマ戦でフル出場もノーゴールとなり、開幕3戦不発となった。チームが2-1で3連勝を飾ったなか、ロナウドはついに辛口のイタリアメディアから「ピッチ上で最悪だった」という酷評を受けた。

 ロナウドはこの試合で、攻撃時には4-3-3の左ウイングとセンターフォワードの位置をクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチと流動的に務め、守備時には4-4-2の2トップの一角でプレーした。チームは前半2分にマンジュキッチのゴールで先制し、一度は同点とされたものの後半13分にフランス代表MFブレーズ・マテュイディが決勝ゴールを決めて勝利している。

 そのなかでロナウドを酷評したのは、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」の採点だった。対戦相手のパルマと合わせてもワーストタイの「5点」を付けて、厳しい評価を下した。

「ピッチ上で最悪だった。前半は日陰に居続けるようなプレーで、後半は間違ったポジション取りを繰り返した。簡単なシュートを1本外し、1本はブロックされ、クロス失敗から相手のカウンターにつながる失態もあった」

 ユベントスは勝ち越しゴール後に、ロナウドに初ゴールをプレゼントしようとする意図が見えるような攻撃が多かったが、それに乗って強引なプレーが増えたことが低評価につながったようだ。開幕2戦では合計で8本の枠内シュートを飛ばしていたロナウドだが、このゲームでは「あわや」というシーンはゴール前での偶発的なこぼれ球に反応した1回くらいだった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング