田嶋会長、韓国に惜敗のU-21日本代表に期待 「痛い目に遭って初めて分かることもある」

日本サッカー協会の田嶋会長【写真:Getty Images】
日本サッカー協会の田嶋会長【写真:Getty Images】

韓国の猛攻に耐え続けるも、延長戦の末に宿敵に敗れて銀メダル

 アジア大会男子サッカー決勝、森保一監督率いるU-21日本代表は1日、U-23韓国代表との決戦に臨んだ。前後半90分間はスコアレスで奮戦したものの、延長戦で相手エースFWソン・フンミン(トットナム)に2アシストを許して1-2で敗れ、銀メダルに終わった。日本サッカー協会の田嶋幸三会長は試合後、「痛い目に遭って初めて分かることもある」と今大会の悔しい経験が今後に生きるとの見解を語った。

 U-23世代をベースに、FWソン・フンミンというA代表のスーパーエースや海外組も招集する必勝体制で今大会に挑んだ韓国に対し、日本は東京五輪を視野に入れたU-21代表チームで参戦。因縁の日韓対決となった決勝戦は、韓国に猛攻を受ける展開となった。

 前後半を無失点でしのぎ切って迎えた延長戦開始早々の3分、日本はペナルティーエリア内左からソン・フンミンに攻め込まれる。そしてゴール前中央にカットインしたところを途中出場のFWイ・スンウ(ヴェローナ)にシュートを許し、ついに先制点を奪われた。

 痛恨の一撃を浴びた日本に再び韓国の牙が襲いかかったのは同11分だった。韓国の左FKでキッカーを務めたソン・フンミンのキックを、ファーサイドでFWファン・ヒチャン(ハンブルガーSV)に頭で合わせられて決定的な2失点目。日本は延長後半10分に上田綺世(法政大)のゴールで1点を返すのがやっとだった。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング