チェルシーの元ブラジル代表が認めたコンテ前監督との不仲説 「監督が残ったら退団していた」

チェルシーDFダビド・ルイス(左)、昨季まで指揮を執ったコンテ前監督(右)【写真:Getty Images】
チェルシーDFダビド・ルイス(左)、昨季まで指揮を執ったコンテ前監督(右)【写真:Getty Images】

ピッチに立つ喜びを噛みしめるダビド・ルイスが昨季の冷遇を吐露

 チェルシーの元ブラジル代表DFダビド・ルイスは、昨季まで指揮を執ったアントニオ・コンテ前監督に冷遇され、クラブでの出場機会を失っていた。だが、今季はマウリツィオ・サッリ新監督の下で開幕戦から先発の座をつかむと、チームの勝利にも貢献している。ルイスは、英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューで、もし監督が変わらなければ「退団していたかもしれない」と吐露した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が伝えている。

 気持ちも新たに再出発を果たしたルイスは、「だんだん歳をとっているから、フレッシュなスタートを実感する必要があると思うんだ。昨シーズンはピッチに立てず、決してベストではなかったね」と語り、「サッカーをプレーできるのは素晴らしいことだよ。本当に嬉しい」と、ピッチに立てる喜びを噛みしめた。

 その一方で、ピッチに立てない間にも、多くのことを学んだという。

「ピッチ外で人間として、男として、様々なことを学んだよ。時には我慢強くならなければいけないし、身体をケアしなければならない。将来良くなるために、外側から学ぶ必要もある」

 結果的には、冷遇を受けた昨季は良い経験となったようだが、ルイスは「もし、あの監督が残ったら、知っての通り移籍していたかもしれない。今はここにいられて、とてもハッピーだ」と、コンテ前監督との不仲説を認めている。

 サッリ新監督の下で心機一転のルイスはプレーできる喜びに満ちており、溜まっていた鬱憤を晴らすかのように闘志を燃やしている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング