「何も印象はない」 神戸ポドルスキ、17歳久保のJ1初得点に言及せず その真意は?

横浜F・マリノスMF久保建英(左)、ヴィッセル神戸FWポドルスキ(右)【写真:Getty Images】
横浜F・マリノスMF久保建英(左)、ヴィッセル神戸FWポドルスキ(右)【写真:Getty Images】

久保に先制点を許し、後半にも自分たちのミスから失点「チャンスは作れていたのに…」

 ヴィッセル神戸と横浜F・マリノスが激突した26日のJ1リーグ第24節は、MF久保建英が移籍後初ゴールを決めた横浜FMが2-0で勝利した。ホームで完敗を喫した神戸の主将である元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと“元バルサ対決”となった17歳について問われると、「別に何も印象はない」と語った。その真意とは――。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 神戸は序盤から横浜FMのプレスに苦しみ、イニエスタのパスから作ったチャンスも決め切れずに前半を折り返した。

 すると後半11分、横浜FMに一瞬の隙を突かれる。中盤でボールを持った久保が、センターサークル内からノールック気味に右サイドへ展開。DF松原健が持ち上がって中央でフリーになった久保へ戻すと、背番号15のレフティーはワントラップから左足を振り抜く。強烈な一撃がゴール右隅に突き刺さり、8月16日に期限付き移籍後、公式戦2試合目でJ1初ゴールというメモリアル弾を決められた。

 神戸は0-1で迎えた後半40分、バックパスが短くなったところをGKキム・スンギュが相手FWともつれてボールがこぼれ、横浜FMのFW仲川輝人に流し込まれてダメ押しの2点目。イニエスタがフル出場した試合では、4試合目にして初黒星を喫した。

 後半はチームを鼓舞するかのように敵陣に攻め込んだポドルスキは、「(22日の天皇杯から)2連敗したら誰でも悔しい。チャンスは作れていたのに……」と数少ないピンチでの2失点を反省した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング