なでしこMF猶本光、水に濡れながら同僚と笑顔の“河原ショット”に反響「美しい」

SCフライブルクのMF猶本光【写真:Getty Images】
SCフライブルクのMF猶本光【写真:Getty Images】

7月から新天地フライブルクに合流、オーストリア合宿で開幕に向けて調整

 なでしこジャパン(日本女子代表)のMF猶本光は、なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部浦和レッズレディースから女子ブンデスリーガ1部SCフライブルクに完全移籍した。新チームがオーストリア合宿を行っているなか、猶本は自身の公式ツイッターで「アイスバスが斬新」と川を水風呂として利用する選手たちの写真をアップ。また同僚も猶本を含めた“河原ショット”を公開し、ファンから反響を呼んでいる。

 猶本は6月に移籍を発表し、7月8日に国内ラストゲームとなるリーグカップ第9節日テレ・ベレーザ戦で2-0と勝利後 同15日に成田空港からドイツへと出発。翌16日にチームの練習に合流して調整を続けている。アメリカで行われた「2018 Tournament of Nations」(26日から8月2日)のなでしこジャパンのメンバーに選出されたが、足首の状態の影響もあり辞退。だが現在は新天地で溶け込みながら、充実した日々を送っているようだ。

 フライブルクが8月下旬からオーストリア合宿を敢行しているなか、猶本は22日に公式ツイッターを更新。「アイスバスが斬新」と綴り、同僚らが川に体を漬けて水風呂利用している様子を映している。また同僚のMF デザレイ・ファン・ルーテレン、MFヴァレーナ・ヴィーダらも“河原ショット”を公式インスタグラムに投稿し、返信欄では「美しい」との声も上がった。新チームに加わって約1カ月の猶本も集合写真に顔を出し、その中の1枚は水風呂後なのか、水に濡れた猶本も捉えている。

 9月8日にDFBポカールの公式戦初戦が控えており、同16日にリーグ戦開幕戦が待っている。新天地でチームメイトとの連係を深めている猶本は、ピッチ外でもコミュニケーションを図って溶け込み、新シーズン開幕に向けて調整は順調なようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング