C・ロナウド、ユベントス開幕戦は不発 8連覇を目指すチームは劇的決勝弾で白星発進

C・ロナウドにイタリア初ゴールは生まれなかった【写真:Getty Images】
C・ロナウドにイタリア初ゴールは生まれなかった【写真:Getty Images】

前半3分に先制するも、ロナウドが封じ込まれて後半には一時逆転を許す

 イタリア・セリエAの開幕戦が現地時間18日にキエーボ対ユベントスのカードで行われた。7連覇中の王者ユベントスはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのデビュー戦は、点の取り合いの末に3-2で勝利。ロナウドにイタリア初ゴールは生まれなかった。

 王者はいきなりの先制ゴールを奪った。前半3分、左サイドからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチがフリーキックをファーサイドに蹴り込むと、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが飛び込んだこぼれ球をドイツ代表MFサミ・ケディラが左足でゴールへ。あっさりと1点リードを奪った。

 その後もユベントスはボールを圧倒的に保持して攻撃を仕掛けるが、最後のところで噛み合わない時間が続いた。注目のロナウドも2人、3人に囲まれる状況が多く、なかなかシュートを打たせてもらえない。

 そうした中で迎えた前半38分、キエーボはワンチャンスをものにする。左サイドからクロスが入ると、ルーマニア代表FWマリウス・ステピンスキがヘディングで押し込んで1-1の同点に持ち込み、ハーフタイムを迎えた。

 後半に入るとホームのキエーボがペースをつかみ、同11分には古巣対決のイタリア代表MFエマヌエレ・ジャッケリーニが奪取したPKを自ら蹴り込み、逆転に成功した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング