「あり得ないことが…」 アジア大会で衝撃敗戦、韓国代表監督が謝罪「国民に申し訳ない」

U-23韓国代表を率いるキム・ハクボム監督【写真:Getty Images】
U-23韓国代表を率いるキム・ハクボム監督【写真:Getty Images】

第2戦でマレーシアに1-2敗戦、韓国代表監督「私の判断ミスだった」と自責

 サッカーの韓国代表は17日、インドネシアで開催されているアジア大会のグループリーグ第2戦マレーシア戦で1-2と敗戦。チームを率いるキム・ハクボム監督は試合後、「応援してくれた国民に申し訳ない」と謝罪している。韓国スポーツ紙「MKスポーツ」が伝えた。

 23歳以下のメンバー編成をベースに、A代表のエースであるトットナムFWソン・フンミン、J1ガンバ大阪FWファン・ウィジョ、大邱FC のGKチョ・ヒョヌをオーバーエイジ枠で招集するなど、大会連覇に本腰の韓国だったが、格下マレーシアに足をすくわれた

 第1戦バーレーン戦で6-0と快勝した韓国は、マレーシア戦で先発6人を変更。ところが開始5分に先制点を献上すると、前半終了間際にも被弾。後半12分にエースFWソン・フンミンを起用するも攻めあぐね、終了間際にファン・ウィジョが1点返すも1-2で敗れた。

 試合後、キム・ハクボム監督は「今日はあり得ないことが起きた。私の判断ミスだった」と認めつつ、「猛暑のなか応援してくれた国民に申し訳ない。再びこのようなことが起こらないように反省して必ず報いる」と謝罪している。

 指揮官は敗因として「簡単にボールを奪われ、相手は私たちの裏のスペースを活用した」と指摘。さらに「あまりにも近い距離でパスをしたので、相手は私たちを視野に入れながら試合ができた」と分析を加えている。もっとも、キム・ハクボム監督は「選手たちよりも監督に問題がある」と自分の非を認めて、選手たちを擁護した。

 現在グループ2位につける韓国。20日に第3戦では、ここまで1分1敗のキルギスと戦う。仮に敗れればグループリーグ敗退となるなか、全力で勝利をつかみにいくことになりそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング