「驚きの一撃」 元チェルシーFWの痛快な“ダブル股抜き弾”を海外絶賛

リヨンFWベルトラン・トラオレ【写真:Getty Images】
リヨンFWベルトラン・トラオレ【写真:Getty Images】

リヨンのトラオレが“3人攻略”でチームの今季第一号をマーク

 フランス1部リーグ・アンは現地時間10日に開幕。12日に行われたリヨン対アミアンの一戦では、DFとGKの股を抜く華麗なゴールが生まれ、海外メディアも「驚きの一撃」と称えている。

 本拠地でアミアンを迎え撃ったリヨンは、前半24分に歓喜の瞬間が訪れる。フランス人MFタンギ・エンドンベレの縦パスを右サイドで受けたブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレは、鋭い加速で一人目のマーカーを置き去りに。ペナルティーエリア右側から中央に侵入すると、切り返しを入れて左足を一閃。シュートブロックに来たアミアンのマリ代表DFバカイェ・ディバッシとフランス人GKレジス・グルトナーの股を立て続けに抜いて先制のゴールネットを揺らした。

 その後、後半30分に昨季19得点を挙げたオランダ代表FWメンフィス・デパイにもゴールが生まれてリヨンが2-0で白星スタートを飾ったが、やはりチームの今季第一号となった華麗な“ダブル股抜き弾”のインパクトは大きかったようだ。

 ロシア紙「スポーツエクスプレス」は、「トラオレが鋭い角度から驚きの一撃で一人での突破を完了」と動画付きで称えている。

 かつてはチェルシーに所属するなど、高いポテンシャルを秘める23歳のトラオレ。自身初のフランスリーグ挑戦で13得点を挙げた昨季を超える活躍を見せる予感を漂わせている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング