モドリッチ、“レアル愛”低下!? インテル移籍報道の発端はC・ロナウド退団と伊紙指摘

レアル・マドリードMFモドリッチ【写真:Getty Images】
レアル・マドリードMFモドリッチ【写真:Getty Images】

インテルの打診に対してオープンな理由は、監督と絶対的エースの電撃退団か

 レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、イタリアの名門インテルへの移籍が取り沙汰されている。イタリア紙「トゥット・スポルト」は、王者ユベントスが獲得したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの存在が引き金になっていると報じた。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 モドリッチは2020年までレアルとの契約を残し、手取り年俸1000万ユーロ(約13億円)を受け取っている。しかし、インテルの移籍打診に対してオープンに応え、レアル退団の意向を示している理由は、昨季終盤から続くレアルの激震にあるようだ。

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)三連覇を果たしたレアルは、ジネディーヌ・ジダン前監督が辞任。さらに、絶対的エースだったロナウドはユベントスへの電撃移籍が決定した。モドリッチにとっては、この二つの出来事が移籍へ気持ちを傾けているという。

 すでにイタリアメディアでは、数年前にCLを3回優勝したら移籍を認める旨の言葉をレアルのフロレンティーノ・ペレス会長がしていたことが報じられている。それに加え、ロナウド退団とジダン監督の辞任はモドリッチを大きく失望させたという。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング