モウリーニョ監督、今季解任の不吉な予兆? ユナイテッドでも「3年目のジンクス」か

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】

レアルやチェルシーでも見舞われた「3年目の危機」 伊メディアが厳しいシーズンを予想

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、シーズン中に解任される危険性があると分析されている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が特集した。

 モウリーニョ監督は新シーズンに向け、持ち前の毒舌で全方位射撃を行っている。プレシーズンのツアーについてクラブを批判。またエド・ウッドウォード代表取締役との関係では、特に移籍市場での動きを巡って亀裂が生まれているという。

 特集ではこれを「スペシャル・ワンが3年目のシーズンに迎える伝統的な危機」と表現し、「レアル・マドリードでもチェルシーでも起こった」と新シーズンは厳しいものになると予想している。

 モウリーニョ監督はエクアドル代表DFアントニオ・バレンシアやFWアンソニー・マルシアルへの個人的な批判も展開し始め、全てを敵に回しているとした。こうしたことは過去に起こってきた「3年目の危機」との共通点であり、新シーズンの間に解任される予兆であると報じている。

 モウリーニョ監督がユナイテッドを指揮した2シーズンでは巨額の補強を繰り返している一方、今夏は控え目な動きに終始している。スペシャル・ワンは、3年目となる今季に好成績を残し、自らのジンクスを覆すことができるだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング