バルセロナ加入の23歳DF、移籍の喜びをジョークで表現「もうメッシと戦わずに済む」

「もうメッシと戦わずに済む」と移籍の喜びをジョークで表現したクレマン・ラングレ(右)【写真:Getty Images】
「もうメッシと戦わずに済む」と移籍の喜びをジョークで表現したクレマン・ラングレ(右)【写真:Getty Images】

セビージャから47億円で移籍のフランス人DFラングレ、メッシを絶賛「最高の選手」

 昨季リーガ・エスパニョーラとスペイン国王杯の二冠を達成したバルセロナに今夏、新たに加入したフランス人DFクレマン・ラングレがその喜びを語った。英紙「デイリー・エクスプレス」が伝えている。

 セビージャでプレーしていた23歳のラングレは今月、3600万ユーロ(約47億円)でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを擁するスペインの強豪バルセロナへ移籍を果たした。

 ラングレはクラブ公式テレビ局「バルサTV」の取材で、「メッシは世界最高の選手さ。彼はいとも簡単にゲームを支配するし、ゴールを決めようと思えばいつでも決められる」と話し、「ここに来れてとても嬉しい。だって、もう彼らと戦わなくて済むからね」と冗談交じりに話している。また新天地での生活に早く慣れたいと口にしており、次のように続けた。

「良い選手とプレーすると、適応するのが少し楽になる。そして、ここの選手は全員がトップレベルだ。バルサの理論は後ろからボールを前に持ってくること。このやり方をするのは、世界でもこのクラブだけだ。みんながこの街の素晴らしさも教えてくれたし、一度バルサに入ったら離れたくなくなるとも聞いた」

 憧れのバルサ加入に胸の高鳴りが止まらない様子だった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング