渦中のメルボルン・ビクトリー監督が本田に言及 「名前が挙がった瞬間から興味を…」

本田はメルボルン・ビクトリー移籍に近づいてると報じられた【写真:Getty Images】
本田はメルボルン・ビクトリー移籍に近づいてると報じられた【写真:Getty Images】

現地紙でメルボルン・ビクトリーと契約間近と報じられるも監督は否定

 メキシコのパチューカを昨季限りで退団した日本代表MF本田圭佑は、オーストラリア1部Aリーグのメルボルン・ビクトリー移籍が近づいていると現地紙で伝えられた。渦中のチームを指揮するケビン・マスカット監督は契約目前との報道を否定しつつ、「彼の名前が挙がった瞬間から興味を持っていた」と本田への関心を認めた。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 2017年にACミランと契約満了を迎えた本田はヨーロッパを離れ、メキシコのパチューカへ移籍。負傷で出遅れたものの徐々にパフォーマンスを上げ、特に後期リーグではチームトップの7得点7アシストを記録するなど、公式戦通算34試合13得点と活躍した。

 復調してメンバー入りを果たしたロシア・ワールドカップ(W杯)では、グループリーグ初戦のコロンビア戦(2-1)で決勝点をアシスト。第2戦セネガル戦(2-2)では日本人初となる3大会連続得点を記録した。昨季終了後にパチューカと契約更新しないことを示唆しており、今夏の去就に注目が集まっている。

 今月19日には、オーストラリア紙「The Age」がメルボルン・ビクトリーと本田側の交渉が成立に近づいていると報じたが、マスカット監督はオーストラリアラジオ局「Macquarie Sports Radio」のインタビューでこれを否定したという。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング