欧州カップ戦出場剥奪のミラン、PSGにボヌッチ売却か 成果ボーナス設定の“駆け引き”

 主力の売却を迫られているイタリアの名門ACミラン【写真:Getty Images】
主力の売却を迫られているイタリアの名門ACミラン【写真:Getty Images】

中国資本を元手に260億円の大補強も失敗 EL出場権が取り消される事態に…

 イタリアの名門ACミランは、欧州サッカー連盟(UEFA)が定めるファイナンシャル・フェアプレー制度(FFP)への違反で欧州カップ戦から除外される処分を受け、主力の売却を迫られている。イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は、その駆け引きを報じた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ミランは中国資本への株式売却で資金を得た昨季に2億ユーロ(約260億円)の大補強に打って出たが、それがFFP違反への引き金になってしまった。新シーズンのUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を得ていたが、処分によりその権利は取り消し。スポーツ仲裁裁判所(CAS)へ訴えを起こす準備を進めているが、その結論が「NO」であれば、主力の売却を迫られるという。

 さらに、ミランは買収を行った中国人投資家リー・ヨンホン氏が、米国ファンド「エリオット・ファンド」への返済が間に合わずに保有権が渡り、経営環境すら不透明な泥沼にはまり込んでいる。

 そのなかで、高額な売却が付きそうな候補として浮上しているのがイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチだ。フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)が興味を示していることから、4000万ユーロ(約52億円)での獲得を持ちかける準備を進めているという。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング