本田の新天地に豪州が再浮上! メルボルン・ビクトリーが数億円を準備と現地報道

現在はフリーの立場となっている本田【写真:Getty Images】
現在はフリーの立場となっている本田【写真:Getty Images】

フリーの立場となるなか、かねてから噂のあったオーストラリアが再浮上

 日本代表MF本田圭佑は、昨季所属したパチューカの退団を示唆し、現在はフリーの立場となっている。新シーズンの所属先に注目が集まるなか、オーストラリアメディアが「ケイスケ・ホンダがAリーグのレーダーに戻ってきた」と言及。メルボルン・ビクトリーが獲得を狙っていることを報じている。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 本田は昨季、セリエAの名門ACミランからパチューカに移籍。後期リーグにはチームトップの7得点7アシストをマークし、チームの攻撃を牽引した。ロシア・ワールドカップ(W杯)にも日本代表の一員として出場し、日本人初の3大会連続ゴールを決めるなどベスト16進出に大きく貢献した。

 本田はレギュラーシーズン終了後にパチューカ退団を示唆するツイートを行い、6月末で契約満了。現在はフリーの立場となっており、その去就に注目が集まるなか、オーストラリアテレビ局「SBS」のスポーツ番組「The World Game」が「ビクトリーが数百万ドルの入札でホンダを口説く」と特集を組んだ。

 記事では、「日本の偉大なケイスケ・ホンダはAリーグのレーダーに戻ってきた」と切り出し、「メルボルン・ビクトリーはカリスマ的プレーメーカーを数百万ドル(数億円)のマーキー契約でAAMIパークに連れて来ることを望んでいる」と報じている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング