クロアチア監督、UAEからの“華麗なる出世物語”に脚光 「夢は9カ月でW杯へ」

9カ月前にはUAEのクラブを率いていたダリッチ監督は、クロアチアを決勝の舞台へ導いた【写真:Getty Images】
9カ月前にはUAEのクラブを率いていたダリッチ監督は、クロアチアを決勝の舞台へ導いた【写真:Getty Images】

UAEのアル・アインから17年10月に監督就任 イングランドとの激闘を制しW杯決勝へ

 ロシア・ワールドカップ(W杯)で史上初の決勝進出を果たしたクロアチアを率いるズラトコ・ダリッチ監督。9カ月前にはUAEのクラブを率いていたが、そこから歴史的快挙の目前に迫っている。

 UAEメディア「ザ・ネーション」によれば、120分間の死闘の末に2-1で勝利した現地時間11日の準決勝イングランド戦後、ダリッチ監督は「あらゆる面で我々が優れていた。彼らを過小評価することはなかった。彼らのことを分析し、リスペクトしていた」と、一切の油断なく試合に臨んでいたと語った。

 決勝トーナメントで3試合連続の延長戦で、心身ともに疲労はピークに達していたはずだ。とりわけイングランド戦の前半は選手間のパスが乱れ、なかなかチャンスを作り出せなかった。

 それでも主将のMFルカ・モドリッチを中心に前からプレスをかけ続け、驚異の粘り強さで逆転勝利を呼び込んだ。指揮官も選手たちのパフォーマンスに満足げだ。

「我々は彼らがどこで何をしてくるのか分かっていた。彼らのバックラインまでハイプレスをかけた。(ジョン・)ストーンズと(ジョーダン・)ヘンダーソンに迫り、彼らを無効化した。ハーフタイムには選手たちに『落ち着いてパスをしろ。取り乱すな』と伝えたよ」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング