「侍は誇らしい気持ちになれないだろう」 カルチョの国が見た西野監督の“綱渡り采配”

カルチョの国が見た西野監督の“綱渡り采配”の真意とは?【写真:AP】
カルチョの国が見た西野監督の“綱渡り采配”の真意とは?【写真:AP】

1点ビハインドのなか、コロンビア対セネガルのスコアを踏まえてリスクを回避

 日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)のグループHで2位となり、2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を決めた。下馬評を上回る躍進と、現地観戦サポーターのゴミ拾いが世界各国から称賛を浴びているが、現地時間28日のグループリーグ第3戦ポーランド戦終盤に見せた消極的なパス回しは世界で議論を呼んでいる。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、「古い侍たちは誇らしい気持ちになれないだろう」と指摘する一方、今回セネガルと日本の運命を決めたフェアプレーポイントについて、「文明的な選択だが、不十分」と見解を示している。

 日本はポーランド戦で後半14分に失点し、0-1で試合終盤を迎えた。その時点でグループリーグ敗退の可能性もあったが、同時刻開催のコロンビア対セネガルでコロンビアが後半29分に先制。セネガルとは勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果でも並ぶため、スコアが動かずに終われば警告や退場数に基づくフェアプレーポイントで順位が決まる状況となった。

 瀬戸際の終盤、FW武藤嘉紀に代わってピッチに登場したのはキャプテンのMF長谷部誠だった。記事では、「日本の主将ハセベが止まった。指を上げて、オーケストラを誘導した。チームメイトにファウルをせず、ボールをできるだけキープすることを要求した」と振り返っている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング