イエローカードもらうな! FW大迫、“珍指令”に本音吐露「逆に難しかった」

ポーランド戦途中出場のFW大迫は、「逆に難しかった」と珍指令に対して戸惑いもあったようだ【写真:AP】
ポーランド戦途中出場のFW大迫は、「逆に難しかった」と珍指令に対して戸惑いもあったようだ【写真:AP】

W杯ポーランド戦の終盤に見せた日本の“消極的パス回し”には「普通のこと」

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦で0-1と敗戦したが、イエローカード2枚差でセネガルを上回って16強進出を決めた。ポーランド戦の終盤に消極的なパス回しに終始した日本だが、途中出場のFW大迫勇也は「逆に難しかった」と珍指令に対して戸惑いもあったようだ。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 引き分け以上で日本のグループリーグ突破が決まるなか、後半14分に先制点を献上。さらに同時刻開催の他会場でコロンビアがセネガルから先制点を奪う。そのまま両試合が終了すれば、日本がグループリーグ突破という状況が発生。西野朗監督は後半37分、FW武藤嘉紀に代わってMF長谷部誠を投入し、日本はリスクを負って攻めるのを止めた。

 結局、日本はそのまま0-1で敗れたが、イエローカード差で突破を狙うプラン通りにグループ2位通過を決めた。後半2分から投入された大迫は「今日はちょっと状況も状況で、勝ち上がるためにという感じでいました」と振り返りつつ、終盤のパス回しによる日本の時間稼ぎについて「まずは突破するために試合をしているので、普通のことじゃないですか」と率直な思いを口にした。

 そんななか、大迫にとってはパス回し以上に難しいと感じたタスクがあったようだ。「イエローカードだけもらわないようにというのは言われていて、逆に難しかったですね。相手も引いてくれたので助かりましたけど」と言及。勝ち点や得失点などでセネガルと並ぶことを想定し、イエローカード差での突破を狙っていた日本にとって当然の指示だった。とはいえ、普段の試合ではなかなか聞かない珍指令に、大迫も多少の戸惑いがあったようだ。

 19日の初戦コロンビア戦(2-1)で決勝のヘディング弾を叩き込んだストライカーは、すでに気持ちを7月2日の16強ベルギー戦へと切り替えている。「次はアグレッシブに戦えると思う」と活躍を期していた。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング