日本が乾&本田のゴールで二度追いつき、セネガルと2-2ドロー 16強進出を懸け最終戦へ

本田が3大会連続ゴールを挙げた【写真:Getty Images】
本田が3大会連続ゴールを挙げた【写真:Getty Images】

途中出場の本田が3大会連続ゴール、乾は1得点1アシスト

 日本代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦に臨み、1-1で迎えた後半に立て続けに決定機を逃すと、逆にセネガルに勝ち越された。しかし、途中出場のMF本田圭佑の同点ゴールで2-2の引き分けに持ち込んだ。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 西野朗監督は、勝利した初戦コロンビア戦と全く同じスタメンをチョイスした。コイントスに勝ったセネガルが逆のエンドを選んだ運命の一戦は、セネガルの強い圧力を受ける形でスタートした。

 そして前半11分、日本の左サイドから上がった大きなクロスをMF原口元気がクリアしたボールがDFユスフ・サバリに渡ると、サバリがシュート。これをGK川島はパンチングで処理しようとしたが、ボールにしっかり合わせられず目の前にバウンドさせてしまった。そのボールが詰めていたFWサディオ・マネに当たってゴール内へ転がった。日本は悔やまれる形で先制点を与えてしまった。

 その後は先制したセネガルがプレスを弱め、日本も少しずつボールを持てるようになった。しかし、敵陣の半分から先のエリアでは厳しい守備を受けて打開する場面をなかなか作ることができなかった。

 苦戦が続くなかで迎えた同34分、日本は右サイドから大きなサイドチェンジを送ると、攻撃参加したDF長友佑都がトラップ。そのドリブルをカットするかのようにボールを引き取った乾は、中央に向いて得意の右足インフロントでファーサイドに巻くシュートを流し込んだ。乾のW杯初ゴールは、日本に勇気を与える貴重な同点ゴールとなり、1-1と試合を振り出しに戻してハーフタイム突入となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング