名門スポルティングが崩壊危機… サポーターに襲撃された主力5人が契約解除を要求

スポルティングは得点源ドストをはじめ、主力4選手が契約解除を申し出たという【写真:Getty Images】
スポルティングは得点源ドストをはじめ、主力4選手が契約解除を申し出たという【写真:Getty Images】

リーグ得点ランク2位のドストらが、カルバーリョ会長に契約解除を申し出る

 ポルトガルの名門スポルティングCPでは、5月に練習場で多数の選手がサポーターに襲撃され、負傷する事件が起きたが、その被害者となった得点ランク2位のオランダ代表FWバス・ドストら大量の主力が契約解除を申し出る緊急事態に陥っている。ポルトガル紙「ジョルナル・デ・ノティシアス」が報じた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 先月15日にサポーターが衝撃の蛮行に出た。アルコシェテにある練習場で多数のサポーターが暴徒化。選手やスタッフに暴行を加え、ドストが頭部を裂傷するなど一大スキャンダルとなっていた。

 そして、スポルティングCPのブルーノ・デ・カルバーリョ会長は、4選手から契約解除の申し出があったことを発表した。

 今季リーグ得点ランク2位となる27ゴールを決めたドスト、ポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョ、同FWジェルソン・マルティンス、同MFブルーノ・フェルナンデスの4人で、いずれもチームの主力だ。すでにポルトガル代表GKルイ・パトリシオは契約解除を書面で申し出ており、これで5人目となる。

 契約解除が認められれば、移籍金ゼロのフリーとなり、いずれも今夏の移籍市場での目玉になりそうだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング