韓国代表、ボリビア戦の低調ぶりを母国紙酷評 「ため息だけをつかせる」「ピンチ」

韓国メディアはボリビア戦の結果を受け、母国代表に厳しい評価を下している【写真:AP】
韓国メディアはボリビア戦の結果を受け、母国代表に厳しい評価を下している【写真:AP】

シン・テヨン監督は「60~70%」の力で臨むことを明言していたが…

 韓国代表は7日にオーストリア・インスブルックでボリビア代表と対戦し、0-0の引き分けに終わった。11日に行われるセネガル戦が非公開のため、ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後の公開ゲームとなったが、スコアを動かすことができずに韓国メディアは「国民にため息だけをつかせるような内容」と厳しい評価を下している。

 シン・テヨン監督は、試合前日に「全力の60~70%だけを出す」と話した通り、エースのFWソン・フンミン(トットナム)やMFイ・ジェソン(全北現代)らがベンチスタート。2トップには身長196センチの長身FWキム・シンウク(全北現代)とFWファン・ヒチャン(ザルツブルク)、サイドはMFイ・スンウ(ヴェローナ)とMFムン・ソンミン(仁川ユナイテッド)が入った。一方、ボランチと守備陣はキャプテンのMFキ・ソンヨン(スウォンジー)やDFチャン・ヒョンス(FC東京)ら主力が出場して連係の確認を図った。

 韓国は試合開始から優勢に試合を進めたが、W杯南米予選で10位中9位だったボリビアのゴールを最後まで割れず。韓国紙「スポーツソウル」も、「ワールドカップを前にしてピンチ」と題して、この一戦を報じている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング