自陣エリア内から衝撃73m弾! 世界で反響、FIFAも驚愕「こんなの見たことある?」

アイルランド1部コークのMFキーラン・サドリアーが自陣ペナルティーエリアから衝撃のゴールを叩き込んだ(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
アイルランド1部コークのMFキーラン・サドリアーが自陣ペナルティーエリアから衝撃のゴールを叩き込んだ(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

アイルランド1部コークのMFサドリアーが右足を一閃、海外メディアが絶賛

 アイルランド1部リーグのコーク・シティは、26日の第20節セント・パトリックス戦で3-1と勝利を収めた。この試合でコークのMFキーラン・サドリアーが自陣ペナルティーエリアから衝撃のゴールを叩き込み、世界中で大きな反響を呼んでいる。

 試合は開始2分にサドリアーがPKを沈めてコークが先制。一度は追いつかれるも、後半26分にコークが追加点を奪って2-1と再び突き放した。そして迎えた後半アディショナルタイム、ホームのセント・パトリックが右CKを獲得。ラストチャンスとばかりにGKを含めた全員がコークゴール前に集結して同点弾を狙った。

 右CKから中央にボールが供給されると、これはコーク側にはね返されてしまう。そしてこぼれ球に反応したのが、コークの23歳MFサドリアーだった。相手が寄せるなか、自陣ペナルティーエリア内から右足を一閃。サドリアーの放った一撃は前線に勢いよく飛ぶと、大きく弾みながらそのまま相手ゴールに吸い込まれた。これで3-1としたコークが快勝している。

 リーグ公式ツイッターが衝撃のゴール動画を配信。「キーラン・サドリアーが自陣ペナルティーエリアから! 信じられない!!」と驚きを持って伝えている。すると国際サッカー連盟(FIFA)の公式ツイッターも反応。「こんなの見たことある? 称賛に値する」と絶賛した。

 アイルランドメディア「Independent.ie」が「並外れたゴール」と称えれば、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」も「80ヤード(約73メートル)の印象的ゴール」と賛辞。さらに英紙「デイリー・メール」も「驚くべき80ヤード弾」と衝撃を受けている。スーパーゴールの余韻はしばらく残りそうだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング