ガラタサライ長友、“トルコ語ツイート”の真意は!? 地元紙が反応「SNSを騒然とさせる」

プロ11年目で初のリーグタイトルを獲得した長友佑都【写真:Getty Images】
プロ11年目で初のリーグタイトルを獲得した長友佑都【写真:Getty Images】

プロ11年目で初のリーグ優勝 優勝セレモニーの様子もインスタでアップしていたが…

 トルコ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都は、現地時間19日のリーグ最終節ギョズテペ戦に1-0で勝利し、プロ11年目で初のリーグタイトルを獲得した。翌20日は地元で優勝セレモニーを行い、ガーナ戦に向けて日本代表に合流する予定だが、公式ツイッターで2回に渡って行った投稿がトルコメディアで「別れのシグナル」「ナガトモのメッセージがソーシャルメディアを騒然とさせる!」と反響を呼んでいる。

 ガラタサライは2位フェネルバフチェと勝ち点3差で迎えた最終節、引き分け以上で自力優勝が決まるアウェーでの一戦で、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスが後半21分にPKを決めて先制。この1点を長友ら守備陣が守り抜き、3シーズンぶり21回目のリーグ制覇を成し遂げた。

 長友は試合後に自身のSNSでチームメイトたちと優勝の歓喜に浸る様子をアップし、一夜明けた翌20日にはガラタサライが本拠地トゥルク・テレコム・スタジアムで行った優勝セレモニーの様子も自身のインスタグラムで“レポート”していた。

 その後、長友は公式ツイッターを更新。2度に渡ってトルコ語でメッセージを投稿した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング