アトレチコFWトーレス、有終の美に涙のスピーチ「彼らは僕の望む結果を手にできる」

トーレスは公式戦45試合10得点という成績でアトレチコでのラストシーズンを終えた【写真:Getty Images】
トーレスは公式戦45試合10得点という成績でアトレチコでのラストシーズンを終えた【写真:Getty Images】

クラブでの最終ゲームで2得点の活躍 試合前には背番号9にちなんだ巨大コレオも登場

 アトレチコ・マドリードの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが現地時間20日、自身のクラブラストゲームとなるエイバル戦にキャプテンとして先発出場。2-2の引き分けに終わったが、2ゴールを決めて有終の美を飾った。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 選手入場の際、本拠地ワンダ・メトロポリターノに駆けつけたサポーターはトーレスの背番号9にちなんだ巨大コレオで出迎えた。大歓声のなかでトーレスは味方からのサポートを受けて、ゴールネットを揺らしていく。

 0-1と1点ビハインドで迎えた前半42分、カウンターで抜け出したアルゼンチン代表MFアンヘル・コレアがゴール前まで持ち込み、GKを引きつけてから右手を走るトーレスへラストパス。これを受けた“エル・ニーニョ(神の子)”は右足でがら空きになったゴールへ楽々と蹴り込んだ。

 そして、後半15分には中央でボールをキープしたスペイン代表FWジエゴ・コスタのスルーパスに反応したトーレスが、正確なボールコントロールからGKの脇を抜くシュートで追加点を奪った。

 結果は2-2のドロー。6試合ぶりにゴールを決めたトーレスは公式戦45試合10得点という成績でアトレチコでのラストシーズンを終えた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング