Jリーグで顕在化する“ハリル効果” 川崎の支配力を揺るがす激しさと直線的な攻撃

FC東京や浦和レッズは、直線的にゴールを目指す動きで川崎から勝利を奪った(写真は5月5日の川崎フロンターレ対FC東京)【写真:荒川祐史】
FC東京や浦和レッズは、直線的にゴールを目指す動きで川崎から勝利を奪った(写真は5月5日の川崎フロンターレ対FC東京)【写真:荒川祐史】

ホームで連敗の川崎 浦和とFC東京が貫いた直線的にゴールを目指す動き

 バヒド・ハリルホジッチ前日本代表監督は去ったが、Jリーグではハリル効果が顕著だ。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 目に見えて球際の攻防が激しくなり、直線的にゴールを目指す傾向が強まった。象徴的なのが、開幕から新監督を迎えて上位を占めるサンフレッチェ広島やFC東京である。

 首位を快走する広島の城福浩監督は言う。

「最初に守備の構築から入った。今後は守備の質を下げずに、攻撃のトレーニングに入っていく。もちろん守備のトレーニングも、いかに前から奪えるかがポイントで、引いて守ろうとしているわけではありません」

 昨年までなら、リーグ内で川崎フロンターレのポゼッションは群を抜いていた。対戦相手は、テンポ良くボールを回され、どうしても集中力と体力を維持し切れずに失点を重ねた。

 だが5月の声を聞き、いきなりその川崎がホームで連敗した。オズワルド・オリヴェイラ新監督を迎えた浦和レッズも、今年から長谷川健太監督が指揮を執るFC東京も、厳しい守備でボールを奪取すると迷わず直線的にゴールを目指した。

 5月2日の第12節で対戦した浦和は前半を1-0とリードすると、後半5分、右サイドから鮮やかなカウンターを仕掛け、長澤和輝→橋岡大樹→アンドリュー・ナバウトとつないで興梠慎三がフィニッシュ。その3分後には、柏木陽介のロングパスから再び興梠が決定機を迎えると、今度は同25分、ディフェンスラインの背後に落としたボールにナバウトが飛び出すと、GKチョン・ソンリョンに倒され一発退場。2点を追う川崎にとっては致命傷となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング