ドルトムント香川、2カ月半ぶりメンバー入りも出番なし ブレーメン戦1-1ドロー

ブレーメン戦では出場機会なしに終わった香川【写真:Getty Images】
ブレーメン戦では出場機会なしに終わった香川【写真:Getty Images】

2月10日のハンブルガー戦以来、10試合ぶりにメンバー入りの香川だが出場機会訪れず

 MF香川真司の所属するドルトムントは現地時間29日に敵地でブレーメンと対戦。先制するも追いつかれ、1-1の引き分けに終わり、2位浮上のチャンスを逃した。10試合ぶりにメンバー入りを果たした香川だったが、この日は出番がなかった。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 試合が動いたのは前半19分、ドルトムントが均衡を破った。左サイドのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェのクロスをファーサイドのポーランド代表DFウカシュ・ピスチェクが頭で折り返すと、こぼれ球をドイツ代表MFマルコ・ロイスが右足のハーフボレーでゴール左隅へ叩き込んだ。

 キャプテンのロイスは2得点を決めた前節レバークーゼン戦(4-0)に続く2試合連続ゴールとなった。

 しかし、ホームのブレーメンはドルトムント相手に猛攻を仕掛け、何度もチャンスを作り出していく。前半終了間際の45分にはドルトムントGKロマン・ビュルキが弾いたボールをMFトーマス・デラネイが頭でふわりと流し込んで同点に追いついた。

 後半は互いにチャンスを作るもノーゴールに終わり、1-1のまま試合終了。2月10日のハンブルガー戦以来2カ月半ぶりに試合のメンバー入りを果たした香川にも出番はなく勝点1を分け合った。

 ドルトムントは勝てば得失点差で2位浮上を果たせたものの、ドローでそのチャンスを逃した。シャルケと勝点2差で3位となっている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング